Think&Debate

人生に哲学&哲学者の思考をプラスしよう

家事育児で罪悪感を感じるのは「自分への期待値」が高かっただけ

このところ子どもの看病続きだったり、自分にも病気がうつったりしていました。

看病や病気が続くと、体調も良くなかったり、心配で精神をすり減らし、段々と弱っていくものですね。外は天気がいいから、本当は色々なところに子どもを連れて行きたいけれど、それができないのも悔しい。

子どもの体調が本当に悪そうなときは心配で心配で仕方ない私。

元気になってくると、今度は段々と焦りが出ます。学校の勉強は大丈夫か、自分の仕事はどうしよう、仕事が溜まって終わらない…なんて焦りや不安が入り混じり、余裕を失う。

そこで「早く直して学校行かないとね」と、子どもに言ってしまったんですね。

 

しばらく経って、「あぁ、なんて『嫌なお母さん』になり下がったのだろう」と、落ち込みました。

誰だって、好きで体調が悪いわけじゃない。大好きなお母さんに、体調が悪い時にそんなことを言われたら、自分ならどう思うだろうか? 傷付くし、自分を責めてしまう子だっているでしょう。

「自分が嫌だと思っていた大人」に自分がなっていることに、この時ばかりは本当に自分に嫌気がさしました。

常々、「子どもの気持ちに寄り添う育児」を目標としていたのに、できていないじゃないか、と。

 

それからまた少し経ち、「そりゃあ半月以上も看病し、自分も体調を崩し、仕事も育児も家事もあれば心身の余裕をなくすだろう」と気付きました。

子どもの病気って、育児の中でも1番大変な時ですよね。

同時に、自分のことを「嫌なお母さん」だと思ったけれど、むしろ「どれだけできたお母さんだと思っていたのか?」と。

 

育児はとても楽しく、幸せなものですが、罪悪感を感じる場面も多いものです。

でもそれは、「自分への期待値」が高かったのだと、今では思います。自分が思っているよりも、自分は未熟な人間なんですね。

期待と現実の差が大きいからこそ、罪悪感を感じる。だから罪悪感を感じたら、「それだけ理想や期待が高かったんだ。これが本来の自分だ」と、自分と向き合えるチャンスだと思うことにしました。

「諦める=明らかに見る」自分を明らかに見ることで、罪悪感も減らせるし、具体的な対処法も立てられ、また罪悪感も減らせます。

未熟な自分を知れば知るほど、生きやすくなる。

そのことに気付かされました。

苦手な人に対しての捉え方

自分が苦手な人って、相手も自分のことを苦手だと思っていることが、往々にしてあります。

つまりお互い苦手なんだけれど、付き合わなければいけない場合、どうするか。

アドラーは「相手が自分をどう思うかは、相手の課題」として、課題を分けます。

つまり、相手が自分をどう思うかは自分には関係ない一方で、「自分が相手をどう思うかは自分の課題」になるわけです。

 

さて、どうするか。苦手な相手を、どう捉えるか?

自分が苦手だと思う相手の部分は、「捉え方」次第で変えることができます。

「『自分が』苦手だと思っている相手の一面」は、「『他の人にとっては』気にならない、もしくはむしろ好ましい一面」かもしれません。

つまり、あくまで「『自分が』苦手なだけ」。人が変われば、時代が変われば、場所が変われば捉え方も変わるものです。短所は長所にもなり、長所は短所にもなりますからね。

なので、捉え方を変えると良いのではないでしょうか。

 

それでも苦手って、瞬間的に、感覚的に感じ取ってしまうものですよね。捉え方を変えることはできますけれど、無理やりになってしまうことも。

「良い・悪い」判断を加えてしまうと、どうしても苦しくなりますから、その場合は「フラットな状態で、判断を下さずに相手を見る」のが良いでしょう。

「世界にはいろんな人がいる。こういう人もいるんだ」と、フラットに受け止め、判断しない。

 

そうして自分が得意なことに、好きなことに時間を費やすことを増やしていく。結局は自分の好きなことに時間を費やすことがベストだと思います。

その方が健康にも良いと思うのですが、いかがでしょうか。

子育てに全力をかけるけど、一切恩に着せないで「一人の人間」として尊重する

コノビーの母の日企画で、記事が更新されました。

conobie.jp

子育てに対する、基本姿勢のロールモデルは母です。

記事もありますが、中学で父が死に、それでも様々な場所へ連れて行ったり、東京の大学で学びたいという希望を叶えてくれた母。

何より尊敬するのが、「すべて一切恩に着せず、子どもの意見を尊重する」その姿勢です。

子どもの立場でいても、また親の立場になっても、「(一生懸命育てたのだから)~してほしい」と言う話をよく聞きます。地元に戻ってきてほしい、親の希望のレールを歩んでほしいなどなど。

親になってみて、親は全身全霊子どもにかけていますから、そういいたくなる気持ちは分からなくもないです。

一方で母は、そういったことは一切言わないですし、まず、思っていないんですね。むしろ好きなことしてドンドンやりたいことやればいいのに、派。

行きたいところに行けばいい。やりたいことをやればいい。思えばそうやって、「一人の人間として」尊重して育ててもらったように思います。

私自身の子育てに対する姿勢も、これに同じくです。

自分にできる限りのことは、全身全霊かけて子育てをする。子どもには、その子らしさをのびのびと100%生かしてほしい。好きなこと、得意なことを伸ばしてほしい。苦手なことは、他に得意とする別の誰かがいるものです。

母の日は色んなことを想う日ですね。

ママがフリーランスという働き方 メリット・デメリットは自分次第

2010年に出産し、2011年からフリーランスという働き方を選んでいます。

正社員、契約社員、パート…と働き方は多様に選べる時代ですが、ママとしてのライフスタイルと、自分の考えのもと、今はフリーランスが最適だと思い選択しました。

今回はママがフリーランスで働くメリット・デメリットと、それに対する捉え方について書こうと思います。

★まずはメリットから

■「ライフの比重」が増えても、1番好きな仕事ができる

最大のメリットは、「やりたい仕事ができる」ことでしょう。雇用形態に関わらず、私はライターが1番やりたい仕事だったため、フリーライターを選びました。

人生、何が起こるか分かりません。育児や介護といった、ワークライフバランスでいうところのライフの比重が増えた状況でも、自分の好きなことができる。これほど嬉しいことは、私にはありませんでした。

(ただし人によって求めるものは異なります。私の場合、哲学的に考えながら執筆することが1番自分の原動力になる、という話です)

初めての子育てを、転勤について各地転々としながらしましたが、それができたのも好きな仕事をしてきたからです。

育児で疲れても仕事があり、仕事で疲れても育児がある。執筆の場合、書くことが考える時間、情報取集の時間にもなるので、うまく相互作用しているところもあります。

■フレキシブルな予定に対応できる

育児中は子どものお世話、看病、園や学校行事など、ママの予定はフレキシブルに変化しますよね。これに関しては男女関係なく対応できる未来を望みますが、しばらくは女性の比重が大きいでしょう。

取材に関しては予定変更できませんが、それ以外の執筆やリサーチなど、大部分の仕事は予定変更できます。ライフイベントに合わせて、仕事の予定を変更可能なことは助かります。

■副業にも、複業にもなり職業選択の幅が広がる

ライフの比重が多い今はフリーランスですが、今後どのような雇用形態に就くかは分かりません。ただ執筆は1番好きな仕事なので、一生続けます。フリーランスなら、今後副業という形でも続けられる地盤が作れます。

複業も選択できます。フリーは、つまり仕事は何種類してもいいわけです。副業も複業もでき、職業選択の選択肢が広がります。

■社会経験を保てる

フリーランスで仕事をしているわけですから、ライフの比重が増えても、ブランクなく社会経験を保つことができます。

このブランク、結構問題が大きいと思います。本当はできる仕事でも、ブランクがあるから自信を無くしてしまう人が、特に日本人には少なくありません。非常にもったいないです。何とかならないか、日本。

■子どもに仕事している姿を見せられる

家仕事では、子どもに仕事をしている姿をみせることができます。仕事の話を子どもにすることもしばしば。子どもも一緒に本を読んだり、調べ物をしたり、作文を書くということもあります。

子どもには自分の好きな仕事に就いてほしいし、自分の好きなことを追求してほしいというのが1番の願い。その姿勢を見せているところもあり、子どもも仕事のイメージがつきやすいでしょう。

★メリットの対になる内容も多いですが、デメリットとその捉え方をご紹介します。

■オンとオフの区別なし、しばしばオフが犠牲になる

現在私は、土日祝日関係なく仕事をしています。ちなみに子どもは3人、1番下はまだ在宅児です。夜間授乳で3~4回は起きます。

フリーランスを始めた当初は、毎日睡眠時間も削っていました。今でも子どもが病気になれば、睡眠時間や休憩時間は削ります。夜間授乳ありでも、です。

特に育児中は「自分の時間ゼロ」ですよね。子どもを産んでからの8年間は、「自分の時間=仕事」(余暇的な自分の時間はゼロ)です。

お勧めしませんが、在宅児がいると朝から晩まで頭も体もフル活動です(料理中に音楽を聴くのが唯一の休み時間)。これは仕事をしていなくても、在宅児がいると皆同じですね…。

スマホ見ても仕事に関するアンテナをはっており、オンとオフの境目はほとんどありません。

私の場合はですが、これが苦になりません。さすがに睡眠時間は保ちたいですが(子どもが乳幼児期は無理ですよね…)、オンとオフの区別ないのは気にならない。

気にならないというか、好きなので楽しく、むしろスッキリする。仕事という特別感というより「自然にしていること」なんですね。これは個人差あると思います。

■子どもが寂しがる

締め切り前や仕事が立て込んだり、病気や看病となると、子どもが家にいても仕事となることもしばしば。家にいるのに親が遊んでくれないのですから、子どもが寂しがります。

心痛い…ですが、仕事は仕事。そういうものだとお話ししていますし、人間生きていくうえで仕事はするものですから、それを知るのも大切なことだと思っています。その代わり遊べるときは遊ぶよう、バランスをとるようにしています。

■有給も産休もなし

やはり厳しいのは、有給がないことでしょう。自分が病気や子どもの看病というときでも、有給は取れません。もちろん先方は相談を聞いて下さり、仕方のないこととはいえとも、フリーなので信頼面が心配です。

そのため、病気や看病でも仕事は極力休むことはありません。

といってもフリーランスを始めたころはスケジュールびっしりでしたが、今は休みの日を作っています。結局は休みの日も仕事山積みですが、急な予定変更に対応できるので、普段でも少し気が楽です。とはいえ子ども3人となると、看病期間も長いので、今はきつくはありますが。。

産休もないので、産休ほとんどなく働かれる方もいらっしゃいますね。私は出産直前まで仕事し、産後は子によって異なりますが半年は休みました。

■確定申告と年金対策

フリーランスだと大変なのは確定申告でしょうか。それと年金対策ですね。厚生年金に入っていないので、自分でどうにかする必要があります。

確定申告は、慣れです。慣れても面倒には感じますが、最初はハードル高く感じても、1回やるとハードル下がります。年金対策も然り。

お金関係って、難しい&細かいので、入り口のハードルがめちゃくちゃ高いんですよね。まず、話を聞かなくともめんどくさい印象を持つ人が多いでしょう。

ただ1回やってしまうと、知識と経験がつくので2回目以降は割と慣れます。今は便利なサービスもありますしね。

★メリットもデメリットも感じ方は「自分次第」

雇用形態を選択する際は、自分はどんな雇用形態がしっくりくるか、考えると良いと思います。

世間的にはデメリットに見える部分も、自分は苦にならなかったり、逆に世間的にはメリットでも、自分は苦に感じたり。それは個人差の大きい世界なので、自分で考える必要があるでしょう。

ただ日本の働き方は限定的なものが多いので、フリーランスという選択がもっと増えてくるといいなと思います。

「自分への敬意」払っていますか?

ニーチェが人生で最も後悔することとして、「自分への敬意の欠如」という言葉を使っています。これ、とても良いですね!

自分の気持ちを大切にするというと、しばしば「ワガママ」に捉えられがちですよね。自分を大切にする話に始まって、ワガママに論点がずれ、結局「自分ばかり大切にすると利己的で良くないイメージ」に終わってしまいます。

それを「自分への敬意」に変えてみる。

「自分に敬意を払う」というと、ワガママとか、利己的なイメージが薄れます。「自分という一人の人間」に「敬意」を払うわけですから、自分とはいえ、1歩離れて1人の人間のイメージですね。

敬意とは、敬い、重んじるということ。

特に日本人は、「自分に敬意を払う」ぐらいで丁度いいのではないでしょうか。自分の気持ちを抑え、ガマンしたり、遠慮することが多すぎます。それだけ「自分を軽視している」のと同じことなのです。

自分を大切にできない人間は、他人も大切にできません。

自分に敬意を払ってこそ、他人も尊重できるのではないか。

選択に迷ったら、また日々の生活でも、「自分への敬意」を払ってみましょう。

ケンカしても良い。怒っても良い。恥ずかしくなったって良い。

ケンカしたって良い

怒ったって良い

余裕をなくしたって良い

悪いなと思いつつ甘えちゃって良い

悔しがって良い

弱くて良い

穴があったら入りたいほど恥ずかしくなって良い

間違えたって良い

間違いだって分かりながらも間違って良い

正論を言っても良い

傷付けても良い

かっこ悪くても良い

迷惑をかけても良い

もうどうしようもなくなっても良い。

 

後から立ち止まって、振り返りさえすれば。

そうして、自分の気持ちはこうだったな、仕方なかったな、と向き合えば。

でも今から、明日から、今度はこうしようと考えればいい。

話してみたって良い。信頼できる誰かに。

間違ってたね、って指摘されたって良い。

気付きさえすれば、大丈夫。

未来は何とかなる。

だから安心して、失敗しよう。そして考えよう。話し合おう。

私たちはこれを、死ぬまで繰り返すのだから。

腹くくって失敗して、哲学しましょう。

ものすごく楽しいですよ。