おやこ哲学 Think&Debate

子どもと一緒に、親になる。

育児にも「自分哲学」を持ってみる

育児においても、「自分の哲学を持つ」ということは大切です。自分の哲学を持っておくと、子どもにとっても良いですが、何より親がラクです。

ザッとですが、私の育児哲学を3点ほど書いておこうと思います。

育児を始めて8年が経ち、3人の子どもがいますが、まだまだ母親としては初心者の立場にいます。3人とも性格や体質もバラバラですし、特に子どもの病気やケガについては、8年経っても慣れません。

育児論も様々な説があって悩みますが、1番大切にしているのは「自分の本能」です。

「本能って哲学じゃないでしょ」と突っ込まれそうですが、やっぱり人間は本来動物なんですね。

1人目の妊娠~出産時、強く実感しました。自分の意志とは無関係に、自然とお腹が大きくなり陣痛がきてちゃんと赤ちゃんが生まれてくるのですから、「自然とは上手くできているものだ」と驚いたものです。

また、以前から周囲には「直感や感覚が鋭い」とか、「直感を一番信じた方がいい」とアドバイスされることがありました。自分の中でも動物的な直感が優れていると思う経験の積み重ねがあり、最後は本能に聞くことにしています。

たとえば「抱き癖が付く」という言葉も、「抱っこしたいんだから抱っこする」という本能に従い、気にしませんでした。

仕事柄、様々な育児書を読みますが、小さな違和感の残るものは受け入れず、肌に合うものを選んでいます。そうやってきて一番自分に近いと思ったのが、不思議なものですが、児童精神科医である佐々木正美先生の著書でした。

本能というと、逆に触れる心配もあるのではないか、という指摘もあると思います。自分に対しては、そんな心配はありませんでした。今まで何をするにも自分と向き合ってきたので、自分に反することはしないですし、倫理性を持ち合わせている人間だと自分で判断したからです。

次に、育児で最も大切なのは「心の栄養」であると決めています。何をするときにも、最優先事項に「心の栄養」を置いています。

たとえばわが家はワンオペ育児ですから、私が疲れ切ってしまうと、子どもが困ります。園や学校で疲れてきて家でリラックスしたり、ママに甘えたり遊んでもらいたいのに、そのママに余裕がなければ子どもが困る。

子どもがのびのびいられたり、子どもの変化に気付いたり、子どもが自由に甘えられるように、疲れたら私は休みます。仕事だけはしますが、それ以外は手を抜きます。

「真面目過ぎる」という指摘も受けるため、意識して休憩時間をとるようにしています。意識をしないと、真面目は真面目になってしまうし、真面目は疲れてしまうので。

愛情という基礎部分がしっかりしていれば、あとは何とかなる!とも思っています。

最後になりますが、子どもには自分の頭で考えるようになってほしいので、やってあげるよりも子どもにしてもらうことの方が多いと思います。

「甘えたいからやってほしい」という甘えは受け入れますが、できることはやってもらうし、失敗してもいいので子どもがやりたいようにしてもらいます。それは着替えとか、遊びでもですね。

なるべく手を出さずに見守ろうと努力しています。言ってしまったり、やってしまうほうがラクなのですが。。

自分哲学をコレ、と決めておくと、優先事項が決まりますし、迷いにくくなります。それでも迷いますし、初めてのことは大いに悩みますが、それも自分哲学の一つとなるための良い経験でしょう。

あなたの育児の自分哲学は何ですか?

何でも哲学をもってやってみる

哲学的視点をとりいれるには、まずは大人が何でも自分の哲学をもって動いてみると良いでしょう。

「みんながやってるからか」とか、「何となくか」とか、「ラクそうだから」といった理由で物事を決めずに、「『自分は』どう思うか」を常に考えます。

自分はそれが好きなのか、本当は嫌なのか、それともどうでも良いと思っているのか。その行動や選択は、自分が本当に納得するものだろうか。どんな考えだったら、自分は納得できるのか。 そういった自分哲学を追求していくのです。

たとえばディズニーランドは人気ですが、本当は皆が行きたがるから行くだけで、実は自分は興味がないという人もいますよね。そのような場合はそこに費やすお金と時間を、自分が納得いくものに使ってみるといいでしょう。

最初は今日のランチとかファッションといった、小さなことから始めてみます。平日や休日の時間の使い方、家事や育児、仕事や趣味と言ったものでも、「自分哲学」をもてるようになると、いいでしょう。

一つ気を付けたいのは、柔軟性を保つという点です。

価値観や考え方は十人十色ですから、他者の意見には柔軟であること。それでいて自分は自分という哲学が持てると、その姿勢を子どもはきちんと見ています。

常に「自分はどう思うか」と考える癖をつけると、子どもと対話するときにも会話の幅が広がるでしょう。

逃げると人生で何度も直面することになる、その人の課題

あけましておめでとうございます。2019年も宜しくお願い申し上げます。

その人が人生でクリアしなければならない課題は、一時はうまく逃げることができても、5年後、10年後…と何度も同じ課題に直面することになります。

逆にその場できちんと向き合い、努力し乗り越えれば、課題は解消されて人生の問題として浮かび上がらなくなります。

解決してしまえば、問題になり得ませんから。

今年はその課題に正面から向き合い、解決していく年だと思っています。

2019年、良い年となりますように。

子どもに聞かれたら、まずは聞き返してみる

子ども哲学って、「哲学」が付くだけで難しそうなイメージだし、わざわざ対話の場を作らなければいけないイメージがあります。

けれど実は「哲学」は多くの人がしていることで、本質を見つけるために思考を掘り下げること。デカルトが云々という難しい話じゃなくて、「哲学する」というのは思考の行為のこと言います。そして子ども哲学は、哲学論でなく、「哲学する」ことを言います。

「考える問い」も日常生活に溢れていて、日常生活の何気ないことを深く考えてみるだけでも十分だと私は思います。

むしろ日常で小さな違和感でも見逃さず、きちんと向き合って考えることの積み重ねが、たとえば「幸福とは?」みたいな哲学論にも繋がりますから。

そこで第一歩として、親子の会話で意識したいのが、子どもに質問されたらまず「〇〇はどう思う?」と聞いてみることです。

子どもは、大人が思う以上に「自分なりの答え」を持っています。3歳後半くらいから、少しずつ聞かれたら聞き返してみることは有効です。小学生になれば半分は聞き返してみても良いでしょう。

たとえば物の名前みたいに、教えないと分からないことは聞き返す必要はありません。一方で友達に嫌な思いをさせちゃったらどうするといったような「考える問い」は、まず聞き返してみましょう。

何らかの答えが出たら、その中でキーワードとなるものを選び、また聞き返します。すると子どもは、さらに自分なりの話をしてくれるでしょう。それから親の話をし、2つの考えを比較することで分かってくるものがあります。

まずは子どもに聞き返す機会を、増やしてみましょう。

ライターの仕事 詳細まとめ

2011年よりライターをはじめ、7年になります。今年ももう終わるので、今一度自分の仕事についてまとめようと思い、どのように仕事をしているかまとめることにしました。過去や現在の執筆サイト、保有資格についてはプロフィールに書いているので、そのほかの部分の詳細です。

【執筆分野】

専門は、子ども哲学です。他にも子育て、教育、子ども哲学、女性の社会問題、心理的ライフハック、マネーなど。

WEBのコラム記事を中心に執筆しています。今までに専門家の方への取材や英訳記事、アンケート企画~執筆、写真撮影の経験もあります。

【仕事に関する基本的なこと】

・締め切りは厳守します。基本的に、締め切り前日に執筆を終えます。

・全ての記事において、丁寧であり、分かりやすい文章を執筆します。

・連絡は即日返信を心掛けています。急用の際は、すぐに返信します。

【編集者の方から文章について言われたこと】

・丁寧で分かりやすい

・質が高い

・着眼点が良い

・自分の話であっても、自分に偏らない

・悪者が出てこない優しさがある

【強み】

当たり前を疑い、小さな違和感を大切にし、本質を追求する哲学的な視点を大切にしています。哲学はいつでも無意識にしているライフワークです。

【執筆時の心がけ】

「一番の読み手は自分」と思いながら、執筆しています。

それゆえ、自分にとって分かりにくい文章・納得のいかない論理・イメージしにくい言い回し・何も得るものがない記事は執筆しないように心がけています。分かりやすく、必ず発見のある記事を執筆しています。

2019年は子ども哲学に集中して執筆する予定です。宜しくお願いします。

【子ども哲学】「勇気とは?」ー「愛情」

「あの時、勇気がなくて出来なかった…」そんな後悔を、誰しも一度や二度したことがあると思います。「勇気さえあればもっと〜できるのに」と、今でも思っている人は多いでしょう。かくいう私も、その一人です。

これは、先日の私と7歳長男の会話です。

M(私):うーん。どうしようかな〜。悩むなぁ…

K(長男):どうしたの?ママが自分のやりたいことをやらないと、俺は悲しいよ。

M:ありがとう…!でもね、リスクもあるから、なかなか勇気が出ないんだよね。簡単なことじゃあなくて。結局やりたいことをやるにはさ、勇気が最後の壁になるのよ…今までもそうだった。

K:勇気は、愛情から作られるものだよ。

M:え?勢いじゃないの?「えいっ、やっちゃえ!」みたいなさ。勢いの強い人じゃなくて?

K:まずは、自分への愛情だよ。自分を愛すること。大切にするんだよ。そうすると、勇気が湧くでしょう?

M:あぁ、自分を大切にすると、自分を信じる力が湧くよね。そうすると自信が出て、勇気も湧いてくるのは、分かるな。

K:そうすると、友達と話したりできる。そこでも勇気が出る。

M:自分を愛して、勇気が出ると、他人とも関わる勇気が出るってこと?

K:そーそーそー!友達と仲良くなれると、もっと勇気が出る。

M:なるほど。まずは自分を愛して、勇気を出して、他人と関わって愛情を感じて、もっと勇気が出てくる。勇気っていうのは、そういったことの積み重ねなのかな?

K:そう。「勇気は愛情」だよ。

M:私はね、勇気は単体のもので、強い人が持ってるものだと思っていたの。どうしたら勇気が出るか?って30年以上考えても、分からなかったの。今回初めて分かったよ。

勇気を出したところで、失敗することもあるし、やっぱり後悔することもある。

それでも自分を愛して、信じる力があれば、また立ち上がれるっていうことなんだね。

 

―この会話を通して、私は自分を大切にすることを、より意識しようと決めました。育児中は特に、自分のことを後回しにしてしまいますよね。「自分への愛情が基本である」ことを思い出させてもらったように思います。

それにしても30年以上考えても分からなかったのに…何で子どもは分かるんだろう。子どもは思考がシンプルだし、学校でも勇気を出す機会が多いから、分かるんですかね。

それとももしかしたら私は、「分からなかった」のではなくて、「忘れた」だけなのかな?

あなたにとっての勇気とは、何ですか?

子どもが「自分の頭で考える」ためにしたい、シンプルな親の反応

これからの時代、「考える」ことが重要となります。

子どもに「自分で考えてもらいたい」「子どもともっと会話がしたい」「子どもがどんなことを考えているのか知りたい」と思うなら、親がとるべき態度としてとっても簡単な方法があります。

それは、子どもと同じ目線に立って話をすること。子どもと同じ土俵に立ち、子どもを尊敬することです。

親子だと、どうしても「親が上で、子どもが下」で会話を進めてしまいますよね。そうすると子どもは「親の言うことを聞いていれば済む」ので、自分で考えようとする力が落ちてしまうのです。

同じ目線に立って、子どもと一緒に考えてみてください。どんなことでも子どもの発想を認め、子どもを尊敬しましょう。

「なるほど~!」と尊敬するだけで嬉しくて、子どもはもっと話そう、もっと自分で考えよう、とします。

わざと「尊敬しよう」としなくても、子どもの考えを聞いていると、ハッとさせられることも多いものです。子どもの方が思考がシンプルな分、物事の本質を見ていることも多いですし、小さな子だと思っても想像以上に考えていることもあります。

わが家では小2の長男の方が、私よりも人間関係や本質を分かっていることも多いと思い、常々尊敬しています。

長年、「勇気は勢いで出すもの」だと私は思っていたのですが、

長男が「勇気は愛情から生まれるんだよ。自分を愛して、勇気が出る。そしたら人にも優しくなれて、もっと勇気が出てくる」と話してくれて、長年の謎が解けました。

尊敬しながら子どもと話してみると、実に面白いですよ。