幸せは、ささやかなるが極上。

記事を執筆しました。

conobie.jp

この言葉も、8年かけて捉え方が変わりました。

人生は「今が一番いい時」で溢れていると、気付かされる言葉にもなりました。それにはある程度、時間や経験は必要ですね。

その時はそう思えなくても、長い目で見ていい言葉だと思います。

「今が一番いい時」だからって、毎日良いことばかりだったり、特別なことが起こらなくてもいいんです。失敗もあるし、ダメな自分にだって向き合うことになります。

宇野千代さんの著書『私何だか死なないような気がするんですよ』で読んだ、「幸せはささやかなるが極上」という言葉。

ささやかながらも極上な幸せって、日常に溢れている。

赤ちゃんのホワホワの髪の毛。プニプニのほっぺ。柔らかな太もも。

可愛いダンス。

今日言えるようになった言葉。歌えるようになった歌。

ママに抱きつくときの笑顔。

遊び疲れて眠る寝顔。

なるほど、ささやかなるが、極上。

自分ができることをコツコツとし、時には失敗したり、余裕もなくすこともある。

それでもまた自分らしく過ごし、日常に溢れるささやかなる極上を拾い、味わい、堪能しながら、生きていく。

それがいい、と思います。