カエル

考える。視点を変える。自分に還る。

人生は数多くの「今が一番、いい時」であふれている

道をスキップするように歩く、小学生を眺める。

世の中のものが何でも目新しい、今が一番、いい時よ。勉強も生活に根差した楽しいものが多いし、運動だって遊びだって思いきりやれる。時々叱る親や先生は怖いけれど、親といる時間も長く、まだ甘えられる時期。お友達とも、男女関係なく遊べる、いい時期だよね。

 

自転車をこぎながら制服のスカートの裾を揺らす、高校生を見ながら思う。

将来に漠然とした不安はあるけれど、どのような将来だって掴みとれる、今が一番、いい時よ。まだまだ箸が転がるだけで友達と大笑いする年齢だよね。早く大人になりたい、早く自立したいと思うけれど、家に帰るとホッとする時代。

 

お喋りしながら道行く、大学生たちを見る。

勉強して、バイトして、自由な時間が沢山あるけど、お金はそこまでない、今が一番、いい時よ。自立しつつあるけれど、まだ責任はない大学生時代。好きなことだって、趣味だって、恋愛だって、何にだって挑戦できる時間があるよね。

 

20代の綺麗にメイクをした、スーツ姿の女性を見ながら思う。

経済的にも精神的にも自立し、それでもどこにだって行ける自由がある、今が一番いい時よ。自分の生活も、インテリアも、ファッションも、メイクも、全て自分で選べる時期。この仕事じゃないかもと悩んでも、転職できる年齢。自分のためだけに時間とお金を使えるひと時。

 

そうやって若者をまぶしい目で眺めながら歩く、赤ちゃん連れの私に、「まぁ~可愛いわね~、何歳?」と見知らぬおばあちゃんが話しかける。

赤ちゃんて、見ていて飽きないわよね、見てこの手!プクプクして可愛い~とひとしきり喋った後、「あなた、今が一番いい時ね」とこちらをまっすぐ見て口にする。

 

そうか、若さも、どこへでも行ける自由も、夜遊びする自由も、将来の夢も、自分のために使える時間も全て失ったように思える自分も、彼女から見たら「今が一番いい時」なのだと、1人目のときは思った。

 

3人目の今、「そうなんです。この子ももう2歳になるんです。0歳と1歳の子の成長を毎日見ることは、私の人生ではもうないでしょう。孫の面倒を見ることはあっても、つぶさに成長を見られることはないだろう。柔らかな腕に、太ももに自由に触れられることは、もうできないだろう。

24時間365日、ママ、ママ、ママと強く求められる、誰かの唯一無二の存在になることは、これから先あるだろうか?いや、ここまで求められることは、一生に一時の経験だろう。

大泣きする誰かを心から安心させてあげることも、初めての桜や海や雪を見て背てあげられる喜びも、きっとこれが最後だろう。私、今、一番いい時にいるんです」と、心の中でつぶやく。

 

そう思えるようになったのは、もちろん3人目になってからだ。1人目は初めての子育てに、2人目は初めての複数児育児に、そう思える余裕はなかった。

 

人生には、数多くの「今が一番、いい時」であふれている。

他人から言われることで、そのことにやっと気付くことができる。渦中にいるときは、「とてもそうとは思えない」とか、「自由に動けない」とか、「そんなリスクの高いことできない」と思うものだ。

「今が一番、いい時」という言葉は、心を自由にしてくれる。心が自由になると、行動も変わる。そうしてきっと、人生も変わる。

いつの間にか好きな言葉になりました。