子ども哲学 Think&Debate

子どもと一緒に、親になる。

子どもとの夏休みが楽しい理由5つ

今年は小2、年少、1歳との夏休みを過ごしています。子どもとの夏休み、今年は何だか楽しい。学校があるときより、体も楽なんです。その理由を考えてみました。

■子どもと出かけるのが楽しい。喜んでくれると尚幸せ

1番はコレです。子どもとの外出が楽しい。去年は末っ子がまだ4ヶ月だったので、全く出かけられなかったんですよね。元々出かけるのが好きな性格なので、キツかった。

まだ子どもが小さいのでプールに行ったり、電車に乗るなどの遠出はできませんが、アンパンマンの映画を見たり、科学館や図書館などには連れて行けます。

「どこへ連れて行こう」と考えるのが楽しいし、喜んでもらえれば、尚嬉しい。子どもたちがもっと大きくなったら、日本のあちらこちら、いろんな場所へ連れて行きたい。

全て子どもペースではなく、週1でカフェに付き合ってもらいます。これも結構な気分転換です。

■自分の時間をとり、頑張らない

夏休みですが、もちろん仕事はしています。お盆休みもありません。末っ子の昼寝中と、子どもらがテレビを見ていると気にしています。好きな仕事のため、仕事=自分時間なので、様々な欲求が満たされます。

それと、40日あるので、頑張るのはやめています。これはとても重要です。

夏休みは怒る機会が増える、という人も多いのでは。私も覚えがあります。特に夏休み最初は頑張り過ぎちゃうんですよね。子どもは楽しい夏休みなのに、イライラしたくない。なので、頑張るのをやめました。

午前中遊びへ行ったら、午後はダラダラします。その逆も然り。半分は頑張らずに、笑顔でなくとも、自然体の自分でいて、子どもたちがのびのびいられることを目標にしています。目標なので、できているわけではありません。

■子ども同士で遊んでくれる

下2人が年少と1歳になり、きょうだい3人で遊べるようになりました。きょうだい同士で遊んでくれる時間が増えたので、楽になったんだと思います。その分、兄弟喧嘩も増えますが。1日何回ケンカしたら済むのだろう、男子のケンカは激しいですね。

逆に大変だったのは、1人目が幼稚園時代と、2人目が2歳まででした。きょうだいで遊べないので、一日中付きっ切りでした。

■去年との比較が楽しい

これも大きいです。去年はできないことが多かったのに、今年はできることが多い。外出もできるようになったし、特に真ん中の子が成長して遊びが増えた。「こんなこともできるようになったのか」と子どもの成長を感じます。

■ご飯は子どもと作る

夏休みといえば大変なご飯作りですが、3人全員キッチンに入って作ります。長男は料理好きなので手伝ってもらえますし、次男は補助が必要なので大変ですが、一緒にやると時間が潰れる&家事も仕上がります。末っ子はまだ目が離せないので、安全を確保すれば近くにいてもらった方が良い。その他の家事も、子どもに手伝ってもらいます。

末っ子が3歳になったら、さらに5歳になったら、もっと楽しくなるんだろうな。子どもとベッタリ夏休みに一緒に居られるのは、幼稚園〜小学校の9年間だけです。一生のうちの9年と考えると、短い。

長いけど短い、短いけど長い夏休み。頑張らないで、「大変だったけど、まぁ、良かったかな」を目指して過ごしていきたいです。