考えるコドモ。

哲学ライターの考える、日常で子どもの考える力を育てるアイディア

2017.4.10

2017.4.10

第三子となる長女を出産しました。


出産から1ヶ月を過ぎ、通常モードへ。産前の想像とは異なり、3人育児は物理的には大変だけど、精神的にラクになりました。

何でだろうか?

物理的には大変です。特に寝かしつけ、お風呂、次男を遊ばせること、睡眠不足。

それでも精神的には、グッとラクに。子どもに怒ることが減りましたね。怒っても、最中に冷静になってフォローに入る。あと以前以上に、子どもへの愛情表現が増えた。


それは「3人だから」なんです。

「3人だから一人一人に十分構えなくなる。一人一人の時間をとって、それぞれが寂しくないように愛情を伝えていこう」という意識が根底に芽生えたから。


2人育児のときは「上の子優先」がうまくできないことにも悩みましたが、それも今回はありません。

複数人育児に慣れたのもあるでしょうし、上の子の人数の方が多いので自然と上の子優先になる。

何より、上の子の寂しい気持ちがスーッとわかるのです。これはホルモンの関係でしょうね。2人目は上の子の気持ちを考えつつも、下の子だって小さいから可哀想という気持ちも強かった。


個人的な体感ですが、産むたびに産後のホルモンが安定するように思います。

1人目のときは、動物そのもの。我が子可愛いさゆえに片時も離したくないし、誰かに触られるのも嫌な時期があったり。

それが2人目、3人目と落ち着いていき、1番下の子を守るように本能はできているものの、他の子を見る余裕がもてるようになりました。


同じことが1人でできてる人もいれば、2人目でできてる人もいるでしょう。

私には3人だったんだな、と思いました。3人になった今が、母親として1番しっくりきてる。どっしりと自分は母親、という気持ちになった。

末っ子が動き出したらまた大変でしょうけれど、今の素直な気持ちです。