おうちでできる「子ども哲学」

「自分の頭で考える力」を伸ばそう

「カレンダー」で視覚化し、理性を働かせる

長男がもうすぐ入学。生活習慣改善のために、カレンダーを利用し始めました。

約束をどれだけ守れたか視覚化するために、壁掛けカレンダーに毎日○か×をつけていきます。できたら○、できなかったら×。起床時間も書いています。他にもシールを貼るとか、好きな絵やマークを描くとかもいいですね。本人もやる気が出るようです。

で、これを私自身も実践しています。

自分の卓上カレンダーに、毎日○か×を書くんですね。お題は「怒らないこと」。お題を決めたのも、印をつけるのも長男です……

これがなかなか良いんですよ!子どもだけでなく、親も一緒にやってみると分かりますね。頭の中だけで考えてると流れてなぁなぁになってしまうけれど、視覚化すると理性が働くんです

見事1週間クリアすると、世界が変わります。たった1週間なのに、随分自分が理性的な人間になったような気がします。

たとえば子どもを成長段階という大きな枠の中で捉えたり、隠れた気持ちを見据えるようになりましたね。単純に「子どもが悪いことをした→怒る」のではなく、逆に一切怒らず抱きしめたり、触れ合いの時間を増やしてみたり。(ここでわかったことはまた別の機会に書きます。)

新年にカレンダーの活用もオススメです。