子ども哲学

「考える力」で自分らしい人生を生き抜く

これからを「考える力」で自分らしく生き抜く

AmazonGoが発表されたとき、いよいよAIの時代が現実的になったと、ワクワクするとともに正直焦った。

 

今の子どものたちは、約60%が今はまだない職業に就くという。

それはまるで明治維新並みの時代の変化のように思え、

将来が想像つかない分「子どもの育て方が難しい」と思う反面、

ワクワクドキドキするし、羨ましいとも思う。

「自分は将来何になるのか?」誰にもわからない子どもの方が多いわけだ。

 

では、私たち親は見えない将来に向かって、どうやって子育てしたらいいのだろうか?

答えは1つしかない。

「人間にしかできないことを深めること。その子の好きと得意を伸ばすこと。」

これに尽きる。

 

後者に関しては、好きなことさえやっていれば分かるだろう。

問題は、後者だ。

人間にしかできないことって何だろうか。

考えることだと、私は思う。

 

そう考えると、人間は進歩しているようで元に戻っているとも言える。

古代に愛された哲学が再注目されるのではと、哲学好きの私はワクワクしている。

ここでは「考える力」を伸ばす方法を、あらゆる角度から真剣に模索していきたいと思う。